©Copyright ChorMillennium 2004-2019

ロゴ  






2020年度公演に向けての団員募集

来年の演目はJ.S.バッハと同じ年を生年とするヘンデル:オラトリオ「メサイア」と決定いたしました。

□名称□混声合唱団コール・ミレニアム第18回定期演奏会

□日時□2020年9月21日(月祝)東京劇術劇場コンサートホール(マティネ)

□演目□G.F.ヘンデル:オラトリオ「メサイア」

□指揮者□北原幸男(2018年度指揮者)元インスブルック・チロル歌劇場・同管弦楽団専任指揮者、宮内庁式部職楽部指揮者、武蔵野音楽大学教授、全日本合唱コンクール審査員 

これまで、合唱にも特にこだわりを持たれていた北原マエストロのメサイアも楽しみです!合唱団員全パート募集します。

さてもう一つ、ロ短調の本番が7月27日に終わってからの練習演目をご案内いたします。

アウローラ管弦楽団との共演にて、プロコフィエフのカンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」の練習も組み込んでまいります。趣向が変わりまたまた楽しい元々映画音楽として作られた近・現代の作曲家プログラムです。

5曲中2曲はラテン語、2曲のロシア語もメロディはとても美しいゆったりしたものから始まります。(エストニア・タリンの街にはアレクエンドル・ネフスキー城というのがあり観光スポットとなっています。)素晴らしい曲です。是非ご一緒しましょう!

詳細

□名称□ アウローラ管弦楽団第22回定期演奏会

□日時□ 2020年1月11日(土) 開場12時45分/13時30分開演

□指揮□ 田部井 剛

□会場□ すみだトリフォニーホール大ホール

□曲目□ S.S.プロコフィエフ : カンタータ 「アレクサンドル・ネフスキー」

       P.I.チャイコフスキー : 交響曲第4番

□独唱□ メゾソプラノ 平井 淳子

□合唱□ 混声合唱団コール・ミレニアム

□オーケストラ□ アウローラ管弦楽団(2018年共演オーケストラ)

□招待演奏により内部経費のみ数千円

□オケ合わせ□ 2020年1月5日

□練習スケジュール□2019年8月5日より プロコフィエフの練習はほぼ毎週月曜18:30-19:55 月に一度日祝日13:00-14:30

中世ロシアの一大歴史絵巻をスペクタクルに描き出した「アレクサンドル・ネフスキー」と、アウローラ管弦楽団としては9年ぶりの再演となるチャイコフスキーの交響曲第4番というダブルメイン・プログラムをお届け致します。合唱で参加頂ける方、当団定期演奏会演目メサイアと平行して練習いたしますが、プロコフィエフだけの参加も募集しています。その場合、参加費一回千円です。メサイアの参加希望は月会費制となります。

希望者は混声合唱団コール・ミレニアム、メールフォームにてお申し込み下さい。

このお話を頂いた時、当団の先生方から、良い曲だよ!(N響東混にて共演なさった先生あり)と推薦を受けています。ミレニアムの前身合唱団も2曲目をロシア大使館にて演奏した経験があります。

・楽譜の準備ができました。当団オリジナル楽譜(日本では販売がありませんでした)。ロシア語のルビ振り、訳、曲目解説、プロコフィエフの生涯と芸術、スコティッシュ管弦楽団の音源など同封で1500円で販売しております。音取りCDは団員により鋭意制作中です。


都心で混声合唱を。お勤め帰り大歓迎です!
東京の十字路、秋葉原の静かな公園横の施設にて音楽のひと時を!
当団は、宗教音楽を中心とする合唱曲を演奏会に向けて週一回練習しております。
練習日程をご覧頂き、直接会場にお越しください。
広い会場は教会の響きにも似ています!


ご興味を持っていただけましたら、ご一緒に歌いませんか?
歓迎いたします。

どうぞお越し下さい。

お問い合わせはメールフォームへ。

ホームページをご覧になって興味を持っていただけたら、まずは一度のぞきにいらっしゃいませんか?合唱の好きな方ならどなたでも大歓迎します。
とにかく一緒にやってみて、それから決めて下さって結構です。
当団は20代から70代のメンバーが約50名〜70名、楽しく歌っております。譜読みや発声をしっかりという方のためにヴォイストレーナーの先生の指導が入る場合があります。
パート別練習も強化中です。
コール・ミレニアムで合唱を通して、生きている喜びを分かち合いませんか?何かがどこか一味違う、とことんいいものを追求するミレニアムにどうぞお越しください。それに毎週練習後の喉潤し会もお楽しみの一つ。入団を心よりお待ちしております。♪
メールフォームにてご連絡、お質問もどうぞお送り下さい。

【メールフォーム】
こちらをお使いください。